パキスタン

パキスタンは、面積約800万キロメートル 世界220カ国の中、34位を占める。
フランスやドイツより大き国土い面積。一人当たりの国内総生産 1085ドル
過去2倍になった。
人口 1億8000万人と多い。広大な土地と人口を持っている。

 パキスタンへ投資する5つの理由

1. 広大な土地と天然資源
広大な農地
穀物生産(麦、綿、米、さとうきび、果実および野菜)
鉱物
漁業および畜産
2. 有能な人材
3. 大規模かつ成長している市場

4. よく整備されたインフラと法システム
道路、鉄道、海上および空上のネットワークがよい
テレコミュニケーションおよびITサービスの質がよい
会社法が近代的
会社文化に伝統があり、かつ豊富である。
5. 地域のハブとして戦略的に優位な位置

○投資のための主なインセンティブ

国内外の投資家を平等に扱う(差別がない)
全経済セクターが海外の投資家に門戸を開いている
外国株は100%まで認められている。
政府の認可は必要ない
資本 利益 ロイヤルテイー 技術およびフランチャイズ料の送金が認められる。
輸出向けの生産用原材料の輸入がゼロ
海外からの投資の保護が法律で保証されている。
二国間協定
投資保護    47カ国
二重課税の廃止 52カ国


○ パキスタンの税体系
法人税 35%
配当に関する税金 10%
売り上げ税    16%
関税        5%
農業、インフォメーションテクノロジー、テレコミュニケーション、石油、ガス

          0~5%
所得税      12.5%
鉱物資源が豊富。天然ガス、宝石類も。ケータイ電話国民の50%が持っている。スキルが高い。責任感が強い。コストも安く抑えられる。ドクター、会計士。
モバイル テレホン ITシステムの質も高い。収益も税金もフリー
ビジネスの自由度 インドに比べると ビジネスがやりやすい。
セクターの選択が自由。政府の認可許可の手間が省ける。
失敗して帰るとき、お金を持って帰るのも自由。
戦略地政学的位置
 エネルギー資源豊富な中央アジアと財政的に豊かな湾岸諸国とのゲートウエイ
訓練された労働者
 英会話能力のある 労働力4500万人
多数の技術者 会計担当者 マネージャー IT専門家
経済
過去3年間における国内総生産 年間成長率7.5%
投資方針 自由な方針 有益な機会 自由貿易 低い関税制度
資金調達
 カラチ証券取引所は南アジアで最も活発な取引所のうちのひとつです。