イラン

イラン市場の魅力  人口約8000万人 (市場 労働力)

若年層が比較的多い。成長余力が大きい。外資参入が少ない。一人当たりGDPが約5000ドル

周辺国 地域への波及

 多種多様な市場 豊富なビジネス機会あり。

エネルギー (石油 ガス 再生エネルギー)鉱業 インフラ(道路 橋梁 港湾 空港)

郵送(自動車 鉄道 公共交通) 環境(水 空気 土壌)医薬品 医療機器 食品 農業 日用品

観光 物流など

 

核家族化が進んでいるイランでは

首都のテヘランでは、住宅も一戸建てからマンションへ

その他 スマホやSNSの普及など、他の国と似たような社会現象がある。

 

豊富なビジネス機会 資源

 原油埋蔵量世界第4位(1580億バレル)ガス埋蔵量 世界第1位(1200兆立方フィート)

バイバック方式に代わる新価格決定方式(IPC Iran Petroleum Contract)を発表。

生産量に応じた利益配分 コスト回収上限の撤廃 長期契約を実現

石油大臣いわく 海外から200億ドルの投資をひきつけるだろう。

 

豊富なビジネス機会 インフラ

制裁下における投資不足により、様々な分野において老朽化したインフラへの投資に需要あり。

近年は中国の存在感が増しているが、技術 マネジメントに対する批評もでており、欧州企業とともに

日本企業への期待は高い。

 

在テヘランコンサルタントによると、ザンギャネ石油大臣が、中国の実施したプロジェクトと欧日を比較し

中国のプロジェクトコストが18-20%も高くついた。という報告者を最高指導者とロハーニ大統領に提出したという。現在 中国のイラン在住者は約2万人。

 

豊富なビジネス機会 環境

 

環境問題は深刻な課題で、イラン国内でも社会問題化している。2014年 2月に 日本国環境省と

イラン環境庁の間の環境協力に関する協力覚書を締結。今後は、大気汚染 水質汚濁 機構変動らの

分野における力国間の環境分野の協力強化が見込まれる。