ACE エース  世界の子供を児童労働から守るNGO

ACEが目指す社会(ビジョン)

子どもの権利が保障され、すべての子どもが希望を持って安心して暮らせる社会を目指します。

ACEの使命(ミッション)

目指す社会を実現するため、市民と共に行動し、
児童労働の撤廃と予防に取り組みます。

ACEが大切にしていること(バリュー)

1.子どもの利益を最優先します
2.市民の力を信じます
3.ネットワークを最大限に活かします
4.フェアで自立した組織を追求します
5.成長できる場でありつづけます

ACEは児童労働がもっとも多い、アジアとアフリカ地域の農業分野での活動に重点を置いています。農林水産業が児童労働全体の60%を占め、地域別では、アジア・太平洋地域が世界全体の53%ともっとも人数が多いのが現状です。またアフリカでは子どもの4人に1人が児童労働で、子ども人口に占める児童労働者の割合がもっとも高く、児童労働者の数も増加傾向にあります。ACEでは、アフリカ、ガーナのカカオ産業と、インドのコットン産業に的を絞って成果を上げることで、児童労働全体の改善に貢献することを目指しています。

BOPビジネス

貧しい人びとの需要は考慮されない。
購買力がないという事実が、貧しい人びとの
「知られざる」食糧需要を覆い隠してしまうからである。
「知られざる食糧不足」の重要性に気づき
増大する世界の食糧需要を満たすために必要な食料増産
では、水資源はどのような意味を持つだろうか?
水がどの程度必要なのか?
「宇宙エコロジー」より抜粋 
 
IBMがどうやって転換していったか?
新しいビジネス分野を切り開いていった。
同じことをやっているとどんどんジリ貧になっていく。
組織の変換 やり方を変える。
変革路線でやるしかない。
自分で考えて自分で対応する。  
交渉力 構想力で勝負
世界が動いている中
情勢をどう処理するかセンスが問われる。
 

BOPのこれから

 ケニア都市に人口が集中している。出稼ぎは銀行口座が持てない。ケータイ電話で送金が出来る。ボーダーフォンが、今は賃金の支払もやっている。ケータイ事業行き詰ってきてマイクロファイナンスをやってみたが、なかなか上手く行かない。それで送金サービスをはじめた。シーメンス レット・バトラー NGOとの構築が大事。BOP商材と思っていないところに大きなマーケットがある。ボランティアで事業小さく始めて。こ~ゆう事業を英国のスキームSCRでやりたいんだ。ローザンヌのベスタゴーは住友化学のライバル会社ですが、97年は500ドルだったのが、2005年には4000万ドルのものすごい企業になった。公的機関の支援、WHOの推奨を受けて、国際機関が、NGOが関わってくれる。表面加工をやった。
BATA バタはインドのシャクティのような販売の仕方をとる。欧米よりインドの方が店が多い。バングラで30年やっている。靴市場の4割を占めている。成功する意義があることではないか。バングラの農村部に入ることが出来なかった。営業効率が悪い。道路のアクセスが悪い。NGOのCAREは家庭訪問で販売。シングルマザーなどを販売員にする。販売員になると、傘とバックとカタログをくれる。足型も靴も販売員が測る。BOPビジネスの特徴は1)収益性を大事にする。2)将来性を大事にする。3)コミュニティへの貢献。オランダのフィリップスは1991年、モノをつくる会社からモノを売る会社に変わった。デザインの会社になった。クアルコムCSRとして22カ国で自社の技術がどこで使えるかやっている。日本政府、いろんな情報をワンストップで得られるところ、8月には立ち上げようとしている。いろんな方々とのマッチングをやる場をつくっていきたい。NGOとのマッチング、プラットフォーム 社会起業家の方々。貧困であるがゆえにモノにアクセスできない。これを解消する。新しい官民連携モデルをつくっていけないか?
みんながイノベーションを考えていく。みんながここから得るものをとっていけないか?WIN-WIN-WIN 情報発信 事例の調査をおこなっている。10社ほど参画していただいて日本モデルをつくっていく。USAID どこのネットワークつくったらいいのか?できるだけ早い段階から企業の方と組んだプログラムを考えていきたい。日本市場への逆展開イノベーション。いろんな施策がある中でこれまでの~で何ができるのか?どこを深めていけばいいのか?GSB 現地とファシリテーターがおこなっている。できるだけ現地密着で出来ないか?BOPビジネスツアー。アカデミック、研究者も関心を持ってきた。

BOPのポテンシャル

1日800円で生活している人から~1日1ドル以下まで、今世界に10億人いる。
200円から800円の人をターゲットにするビジネス。世界人口68億人の70%
48億人そのうちの37~38億人がターゲットである。
今やらないと将来はない。ブランイングをすすめておかないと、日本企業はますますパラゴラス化する。ビジネスを使って貧困層を削減。今までよりも安く買える所得が増えなくても生活改善が出来る。インドネシアはほとんどがBOP層だが、せんたくのニーズがない。集まっておしゃべりをするのが楽しい。タライで洗っている。バスタゴーは社長自らがキャンペーンをやっている。地道にやらないとダメだ。チャリティではない。収益性を得るビジネス。NGOが主導権を持つとビジネスのスピードがちがう。NGOだけにすべてをまかせるのはよくない。
バングラデシュのBRACのアリ会長 目的には利益が必要だ。パキスタン スリランカ BOPは国際的ビジネスだ。CAREというNGOからはいろんなアイデアがでてくる。日本の閉塞感とはちがう。おもしろいところじゃないか。トップがキチンと先を見据えて利益を上げないとビジネスは肩身が狭い。長期を見据えて物事をみることが必要だ。

BOPの星

 社長の講演(2011)より~暗いところ(日本)でジタバタしているより明るい大地へ。ソーシャルビジネスBOPの星と言われはじめた日本ポリグル。BOPが脚光を浴び出した。~

 シテイホテルに泊まるより、1日5ドルのホテルに泊まっています。

耳かき一杯で水を浄化する。100グラムで1トンの水を浄化します。

眠るニーズを掘り起こす仕事をする。 砒素や鉄分がひっつく。汚れと汚れがすぐ、

くっつく簡単なタオルを持って、実験しながらの販売です。

ポリグルレディ今は30人います。対面販売でないと危険。ダッカ以外ではチッタゴンでもはじめます。いずれポリグルレディ100人になります。

10グラム15タカ(20円)ですので、10リットルを2円で買えます。日本で飲むなら、煮沸か、塩素を入れてください。ほとんど菌はおりません。グラミンバンクから合弁企業をつくらないか?と申し出が出てきました。

濾過の部分なんですよ。一番お金のかかるのは。

 中小企業が向いています。日本語が入っていないと信用されません。「即入れろ!」中小企業のオヤジならすぐできる。20社近くのスタディツアー 中小企業は1社だけ。モザンビークでは閣僚、マスコミ150人くらい並んだ。いかに注目されているか。知人がコスタリカからウニを輸入しているが、マダガスカルのウニはおいしい。ゴマ粒みたいにたくさんある。塩漬けにして日本に輸入できるだろう。果物とウニで50人くらい雇える。わたしも儲からないといけないのですが、中小企業ならすぐ出来ます。BOP日本後発だといいますが、欧米人はお前ら最初から貧乏人なんだと、人種差別がある。日本人は優しさがあるが、欧米人そこのところ欠けるところがある。だから勝てる自信がある。世界の悲惨 (戦争 疫病)貧困層をなくさないと解決しない。40億人という人たちが底辺にいる。やり方によってはすごいビジネスだ。日本また日は昇る。信用があるうちにやらねば。これは最も大事な仕事になると思います。これはあまり大企業には向いていない。あんまり危ないところへは行くなと言われているでしょう?だったら本当にBOPビジネスできないですよ。ベルリアンという会社、ヨーグルトといっているけど、ダノンの工場にいってみると コンスターチと牛乳だったり。まだまだチャンスあります。

三洋電機

三洋電機の事業ドメインは、①コミュニケーション ②ヘルスケア ③エネルギー ④エコロジーです。

環境エネルギーにシフトしています。BOPビジネス。自分の足で調べないと本当のところは解らません。お客さんが購入出来るかどうかです。

1個30ドル ソーラーランタンをウガンダに寄付しました。社会貢献活動です。60ドルでも売れるのは厳しいかな。CSRとして市場調査をやる。パイロットプロジェクトとしてやっています。インドネシアには1000台寄付しました。流通ルートが下手くそだったら、1個100ドル以上になってしまいます。代理店を悩みながらやっている。債権回収とビジョンが共有できるのかどうか?ラジオと口コミ。あとは足でまわるよりしかない。ダイレクトにショートカットしてショールームでトライしよう。ずっ~と気にかかっていました。即決即断というところまでいかない。20~30枚のデザインスケッチを持ってきてあれがいい、これがいいが始まった。新規事業のファンクションを担っていた。政府のファイナンス面でのサポート。スピードが大事。ウガンダ大統領が寄付してくださいと言ってきた。将来必ず所得が上がる。これはすごいぞ。思い付きを語った。こんな商品が出来たんですけど、どうですか?面白いですか?ボトムアップで始めると、デットロックに陥る。100万台~200万台すぐ売れるぞ!15~20億人のマーケット。ほとんど灯油を使っている。ライトが欲しい。ソーラーランタン。三洋電機は3つの技術を持っていた。LED技術。二次電池。太陽電池。世界で持っているのは三洋だけ。ウガンダ 現地で生産して欲しい。ソーラーランタン補助金がついている。ウガンダ。煙で目が悪くなったり、気管支炎になったり、火事が起こったり、灯油ランプ撲滅キャンペーンをやっていた。インド製中国製効能が悪い。品質だけは今勝てる。ケータイ電話の充電ショップ多い。携帯安いので30ドルくらいなので携帯電話買える。社内では、いろいろ言ってくる人を黙らせることが大事。このビジネスはじめてどんどん味方が増えてきた。思い入れだけだったのですが、これが人に伝わっていきました。月1回レポートを持ってきなさい。大企業だからレポートを持っていかなくてはならない。

 JICAがようやく欧米がやっている支援をはじめました。

フィージビリスタディを10件。ナイジェリア、ケニアのエネルギー、タンザニアの農林業など。

 

BOPのビジネス・アイデア

 インド 女性の識字率53.4%全体では60% 女性は中学時代にドロップアップする人が多い。彼女たちは通学に必要な服に問題を感じている。制服に膨大な需要がある。安価で、丈夫な制服。現地企業と一緒に売る。

 また学習机。椅子。文具も膨大な人口で莫大な市場。文房具支給されている。質量とも問題がある。本屋の隅に置いてある。インターネットキオスク PCは2台。IT教室1台だけ。現地にも工場がある。合弁で売っていく。

 大量の牛の糞の燃料。バングラデッシュは74%が石鹸で手洗いをしている。飲料水改善要求も高い。常備薬を持っている。貯水雨水タンクからガーゼで漉して飲んでいる水壺 汲んでから飲むまでのプロセスにニーズがある。

 ヤクルト 味の素 ①直接販売 ②現地NGO 政府と共同開発。国際機関で売る。③共同販売 低廉性。頑丈であるけどアクセス改善。操作容易性。文化を配慮 環境を配慮。まずは飛び込んでいかなくては。

 人材の問題はない。2週間社員を農村に住まわせる。青年海外協力隊。農村に2年住んでいる。みんな失業している。

 

手押しポンプ 東邦工業の2.5万円 コピーが世界中に出回っている。

液体石鹸 つり手水 どういう風にレンタルできるか?

フランス企業が独占している即席めん 大きなニーズがある。栄養剤。配合する。

栄養失調治療など食品。防虫 香取線香 蠅とり紙。バングラの薬きつい。身体にやさしい 目薬 ヤクルト フリカケ 三島食品 バングラのゴハンに合うフリカケ。

アジア・コミュニティ・センター21

経済的貧困や社会的に排除い苦しむアジアの人々を支援することを目的として2005年3月に設立された国際協力NGOです。
ACC21はアジアの現地NGOとの幅広いネットワークを基盤に、 アジアと日本の人々の間の協働を促進し、人々が共に生きるアジアの地域社会づくりを推進する活動をしています。
資金援助にかかわる活動だけでなく、人財育成、政策提言など幅広い分野に取り組んでいます。特定非営利活動法人 アジア・コミュニティ・センター21